理学療法のことをもっと知りたい!理学療法の専門学校に関するよくある疑問を解決

このサイトでは理学療法士になることを志している方を対象にして、専門学校にまつわるコンテンツを数多く御紹介しています。
学校でのカリキュラムはなにか、どのような科目を学ぶのか・具体的施術方法の習得など受験生が直面するよくある疑問とそれに対する回答などを解説しています。
現在高校生の方にとっては、何をポイントに勉強を進めるべきかなどにも触れました。
患者様一人ひとりの状況に応じて判断が必須で広い視野で物事に向き合うことが出来る姿勢が大切です。

理学療法のことをもっと知りたい!理学療法の専門学校に関するよくある疑問を解決

理学療法士は国家資格であって年間5000人ほどの合格者が輩出されています。
受験科目は座学による知識はもちろん、免許登録後の具体的治療内容を踏まえれば実践的内容も含んでいるため、専門学校を経由して理学療法士を目標にするコースが一般的です。
よくある疑問は、理学療法士の仕事内容です。
理学療法士は病院やクリニック・介護施設などにおいて基本的生活機能の回復を目標に物理療法や運動療法などを提供し、他の専門家と協働しながらリハビリテーションなどを実践しています。

スムーズに就職したいなら理学療法の専門学校がお勧め

将来理学療法士を目指したいと考えているなら、専門学校もしくは大学のどちらかに進学する方法が一般的です。
特にスムーズな就職を目指したいと考えているならば実践的な勉強が行える専門学校が向いているとされ、一般病院や関連施設で実習を行いつつ、臨床実習では大学よりも約70時間ほど長く設けられているのでより現場で役立つ経験に基づいたノウハウを身につけることができます。
理学療法士が活躍する職場では、基本的に即戦力のある人材を求めていることが多いので、現場でしっかりと実習を行うことは働く上で大きなアドバンテージになると考えられています。
実際に行われる授業に関しても、大学と比べて少ない人数で授業が進められていくので教員は生徒一人一人に目が行き届きやすく、疑問に感じた部分を都度質問しやすい環境が整っているので、学生はわからないことも納得がいくまで理解ししっかりと知識を身に付けることができるのも大きな強みです。

理学療法を学ぶなら大学と専門学校はどっちがいい?

理学療法を学ぶなら大学と専門学校のどちらが良いかというのはなかなかに難しい問題です。
別に理学療法だけの話ではありませんが、前者は基本的にその道だけのコースと考えることができますし、後者はもちろんそれを目指してはいるものの比較的広い視野で授業などが行われるケースが多いでしょう。
また、現実問題として入学試験の難易度も無視できません。
学校によっても差がありますが、普通は後者のほうが高い学力を必要とされる一方、前者は目指すべき道がほぼ決まっている以上、志望理由などそこを目指す考えの強さが小論文とか面接で突っ込まれることも多くあって、漫然とした気持ちでは失敗する可能性もあります。
一般的に言って、自分は間違いなく理学療法士の道に進みたく、それ以外はまず考えていないという場合には専門学校、そうではなく、少なくとも数年間は他の適性とかも含めて幅広く学問を身に付けていきたいという場合には大学が良いでしょう。

理学療法の専門学校を卒業するのはどれくらい難しい?

理学療法の専門学校を卒業するのはどれくらい難しいのかと質問する人はかなり調べていると言っても良いでしょう。
そもそも日本の学校は、入学は難しいけれども一旦入ってしまえば後はアルバイトとかサークル活動などに明け暮れていても、誰でも出ることができるというイメージを持たれていることが多いです。
しかしこれは普通の大学には当てはまったとしても、理学療法を始めとするような専門学校にはほぼ当てはまりませんので、上の質問は決して的外れでも何でもありません。
学校や年度によっても差がありますが、3年制の学校として、入学から3年でストレートに卒業できるのは半数程度という調査もあります。
残りの半数は少なくとも1回は留年しているか、それとも途中で諦めて退学してしまった人ということになるわけで、国内の一般的な大学生などのイメージからすると猛烈に厳しい環境だということは明らかでしょう。
甘い気持ちとか、大学に入れないから仕方なくといった感じでは間違いなくそちらの半数の仲間入りとなってしまいます。

理学療法士と看護士の専門学校はどちらが厳しい?

理学療法士と看護士の専門学校はどちらが厳しいかというのは簡単に答えられるようなものではありません。
何をもって厳しいと決めるのかという問題があります。
ごく簡単な指標で、国家試験の合格率をあげますと、理学療法士は8割程度、一方で看護は9割程度となっていますので、これだけを見ると後者のほうが簡単で前者は難しそうに思えるかもしれませんが、国家試験の合格率と学校の厳しさは、ある程度関連はあるのかもしれませんが直接的なものではありません。
そもそも両者は異なる職種ですし、目指している人の層も異なります。
それに、試験を受けるよりも前に専門学校を卒業しなければ話にならないのですから、その観点も考えなければならないかもしれません。
もっと言えば、将来の仕事をその厳しさだけで選ぶのは何かおかしく、どちらが自分に合っているか、どちらの職種に自分は就きたいのかで選択するのが自然な姿ですから、その観点で選ぶようにしましょう。

理学療法,専門学校に関する情報サイト
理学療法専門学校の疑問

このサイトでは理学療法士になることを志している方を対象にして、専門学校にまつわるコンテンツを数多く御紹介しています。学校でのカリキュラムはなにか、どのような科目を学ぶのか・具体的施術方法の習得など受験生が直面するよくある疑問とそれに対する回答などを解説しています。現在高校生の方にとっては、何をポイントに勉強を進めるべきかなどにも触れました。患者様一人ひとりの状況に応じて判断が必須で広い視野で物事に向き合うことが出来る姿勢が大切です。

Search